vol.25

ウルトラランナー井上真悟さん

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
現在多摩市を拠点にランニングスクールの講師を務める井上真悟さんは、100km以上を走破する「ウルトラマラソン」の日本での第一人者だ。
今回はウルトラランナーの井上真悟さんにお話を聞いた。

2010年には世界選手権で優勝

井上真悟さんは八王子市出身で1980年生まれの36歳。都立松が谷高等学校陸上部で800mと長距離駅伝に打ち込むものの、誤ったトレーニングの影響で椎間板ヘルニアを悪化させ競技を断念。その後、23歳の時に初めて地方のフルマラソンに出場したのをきっかけに、100km以上を走るウルトラマラソンという競技を知り、翌年、ホテルマンとして働きながらもギリシャスパルタスロン大会(246km)に初出場し9位を獲得。

2006年と2007年にはサハラ砂漠マラソン(230km)に出場し、2年連続で日本人1位を、2010年にはフランスで開催された世界選手権で伝説のウルトラランナーと呼ばれるスコット・ジュレクを破り、24時間走史上最年少記録となる29歳で世界タイトルを獲得した。以降も様々な大会で好成績を残し、2016年は台湾一周246kmランアクロス台湾で優勝、24時間走競技アジア選手権で総合優勝を果たしている。

目的をしっかりと考えることが大切

そんな井上さんは、4年前から多摩地区で「コアランニングスクール」というランニングスクールをスタートさせ、市民ランナーにランニングの楽しさを伝えている。「走る目的に対して、どう努力して何をしたのかということが重要。自分の健康管理や目的のための計画づくりといったセルフマネジメント、セルフコーチングの方法を伝えていきたい。」とランニングのテクニックだけでなく、個人の走る目的をしっかりと考えてもらうことを重点に置いて教えている。

スクールの参加者の目的は自己ベストの更新、ストレス発散、健康の増進とそれぞれ違う。「その人が走る目的を知らずに声援だけしても、それは本当の応援ではありません。何のために走っているのか。ちゃんと関心を持ってあげることが重要なんです。」とスクールでは応援の本質についても厳しく伝えているという。

マラソンは人生の練習問題

井上さんは決して一筋縄ではいかない波瀾万丈の人生を辿ってきた。愛する人との別れ、父親の死。大きな試練や逆境をウルトラマラソンに挑戦することではねのけてきた。

井上さんは日本全国の児童養護施設に出向いては子供達に自らの体験を直接伝える講演活動をしている。「子供達に話したら目をキラキラさせて喜んでくれた。涙が出るほど嬉しかった。」という井上さんは昨年、自身の半生を綴った自伝を台湾で出版した。

マラソンと人生はよく似ていると話す井上さん。「人生はマラソンと一緒で、今この仕事をしている目的がなんなのかブレてしまうと周りに流されて時間が経ってしまいます。何が大切なのか目的から逆算して、そのために何をするべきか見えていれば、結果的に目標や夢が叶うにしても叶わないにしても、その過程で自分の人生を頑張れると思うんです。もちろん、マラソンよりも人生の方が大きいわけでマラソンは人生の練習問題になると思うんです。」失敗を恐れず前に突き進む井上さんの瞳は常に遥か先を見据えている。

2020年にアメリカ大陸横断駅伝を実現させたい

今年1月にはイギリスで開催される雪上ウルトラマラソン「SPINE RACE」に自費で挑戦しながら、クラウドファンディングで講演活動費を募り、全国の児童養護施設や台湾、中国の孤児院を走って訪れて、マラソン体験や挑戦の大切さを子供達に伝える講演活動を行う予定である。

最後に「2020年にアメリカ大陸横断駅伝を実現させたい。」と大きな目標を語ったウルトラランナー井上真悟さん。目標をしっかり定める井上さんの挑戦は必ずや実現することだろう。

 

ウルトラランナー井上真悟
コアランニングスクール
http://corerun.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/runner.shingo.inoue
ウルトラランナー井上真悟さん


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

E’s CAFE

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン)

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

Cafe Bloom

「カフェブルーム」は、手作りの料理とスイーツが味わえる憩いの空間である。
...read more

RISTORANTE YAMA

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more