vol.8

多摩市在住 萩原さん

多摩市は子育てに最適の街

多摩市で育って

 私が生まれたのは国分寺市内の産院ですが、昭和50年生まれなので、51年に開院した日医大がもう少し早く開院していればそちらで生まれていたことでしょう。多摩ニュータウンが出来たころに両親が「絶対にここに住む!」と憧れて私が生まれる前に多摩市民になりました。当時は多摩町だったと記憶しています。幼少の頃から多摩市永山で育ってきました。
 23歳の時に「ワーキングホリデー」で一年間オーストラリアに滞在しました。「ワーキングホリデー」では3か月ごとに職場を変わらなければならないので、オーストラリアではホテルの清掃から宝くじ会社の事務まで色々な職場体験をさせてもらいました。私は小さい頃から外国の街並みや景色が好きで、外国映画を観るのも好きでした。実際に外国暮らしをしてみて得るものはたくさんありましたが、却って日本、とりわけ実家のある多摩市の魅力について再認識させられました。

仕事について

 オーストラリアから帰国してからは、以前働いていた病院へ戻りました。元々、データ整理などが好きで、病院の雰囲気も好きなのです。またヘルスケア―に興味があるので足もみの施術者として働いていたこともあります。
 その後、30代で結婚をして数年間は都内で暮らしていました。しばらくは専業主婦をしていましたが、次男が0歳の時に多摩市に戻って来て、医療関係の職場で働いています。

多摩市で子育てしたいという思い

 2つ違いのやんちゃな男の子2人の子育ては想像以上に大変でした。オーストラリアでの一年間の滞在、そして結婚後の暮らしを経て「子育てするには多摩市が最適だな」と改めて思いました。昔から自分に子育というチャンスがあったら、絶対に多摩市で育てたいと思っていました。
 多摩市には緑が多く、歩道と車道が分離しているので子連れで歩いていても安心です。都内に住んでいた頃にも近所に公園は多かったのですが、多摩市のように街全体に緑が溢れているという感じではありませんでした。また実家が多摩市にあるので近ければ高齢の親の手助けもできるし、幼なじみの同級生たちの傍で暮らしたいという思いも強くありました。
 私はいずれ仕事に戻るつもりでしたので、「子どもたちを保育園に入園させる前に多摩市に戻ろう」と思って荷造りをしている所へ2011年3月の東日本大震災が起こったのです。それによって余計に「早く多摩市に戻りたい」という思いが強まりました。
 かつて自分が住んでいた団地に戻り、自分が通った保育園に息子たちが通っています。娘3人を持つ私の母は、この多摩市の環境であったからこそ第三子の私を産めたと言っていました。実家から駅まで徒歩30分と少し遠いにも関わらず、車道を一切横通らず、遊歩道のみで駅まで到着できます。車道分離の陸橋が多いのも多摩市の特徴だと思っています。
 我が家から保育園や小・中学校に学童クラブ、そして駅までは全て“徒歩圏内”という環境で、しかもほぼ遊歩道を使って歩いていけます。こんな恵まれた環境は多摩市以外ではお目にかかれないのでは?と思っています。

インテリアへの興味

 2013年5月には将来のことを考えて多摩市内の団地を購入しました。初めて自分の家を手にいれた途端に「リフォーム魂」に火が付いて、自分のできる範囲で家中のリフォームに取り組みました。自分でリフォームに取り組んだのはリフォーム業者に頼むと代金が大幅にかかるといった理由もありましたが、何よりも自分たちの思いのままに手直しできるというのが楽しかったですね。一人ではもちろんできないので、お願いした多摩市内の設備屋さんと相談しながら自分でできるところはさせてもらうといった形をとりました。
 まずは台所や洗面所などの水廻りを全て交換してもらいました。またキッチンやリビングの壁を漆喰で塗り直して、キッチンの壁にはタイルも貼りました。自作家具のペンキ塗りなどは子どもたちも喜んで手伝ってくれました。また「IKEA」で組立式のキッチンセットを購入して来て、設備屋さんに組立てをお願いしました。洗面所は使いたい洗面ボールがあったので安く購入し、周りの囲いの板・はめ込み鏡など業者さんに作ってもらいました。自分のやりたいことをやらせていただいた今回の設備屋さんには本当に感謝しております。
 インテリアには昔から興味があって、現在「水墨画」を描いたり、「絵手紙」や「書道」の先生をしている母譲りで手先も割と器用なので、ゆくゆくは「ライフワーク」にしていきたいと願っています。

多摩市で骨をうずめたい

 地元多摩市に戻ってきて嬉しいのは、昔ながらの友人や知人といつでも会えることですね。子育てで行き詰まった時などにも「一人じゃない」と思えるのは心強いです。特に小学・中学校の同級生とはいつも「多摩っていいよね」という話になり、市外で暮らす友だちの中には戻って来たいという人も少なくないです。実際に既に市内に戻って来ている友達もいます。将来、子どもたちが大きくなって手が離れても、私はこの多摩市で暮らし続けて、多摩市に骨をうずめるつもりです。
 多摩市で特に好きな街は地元の永山ですね。駅ビルの「グリナード永山」へ行けばあらゆる業態のお店が揃っているので、身の回りのものは何でも買うことができます。永山駅周辺は生活導線が優れていて、とても生活しやすいです。
 普段は地元で働いたり、買い物をしたりして日常的な暮らしを楽しみながら、休日には家族や友人など大切な人たちと小旅行へ行くのが何よりの楽しみです。


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

京王プラザホテル多摩

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン)

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more