vol.19

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン)

合言葉は「安心して住み続けられる街づくり」

 多摩市諏訪2丁目。京王線・小田急線の永山駅からほど近いこの場所に、大規模マンション「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。総戸数1,249戸のこの巨大なマンションは単なる新築のマンションではない。かつて、多摩ニュータウンで最初期の入居物件であった諏訪2丁目住宅の建替えにより2013(平成25)年に誕生した新しいマンションである。日本最大のマンション建替えとされるこの事業を成功に導いた1人である、加藤輝雄さん(元 諏訪2丁目住宅マンション建替組合理事長)にお話を伺った。

この場所に住み続けるための選択

 「諏訪2丁目の建替えは住民運動です。住民パワーで街づくりを成し遂げたことが特徴です。」と加藤さん。一般的には建物の老朽化や耐震の問題、住人の高齢化に伴うバリアフリー化への対応などがマンション建替えの動機となるが、諏訪2丁目住宅では、こうした課題が顕在化する以前の、築20年にも満たない早い時期から建替えの検討が始まったのだという。ではなぜ、建替えを検討するようになったのだろうか。その答えは多摩ニュータウン建設の背景にあった。
 かつての諏訪2丁目住宅は、総戸数640戸の分譲団地として1971(昭和46)年に完成した。当時は、東京圏の人口増加に伴う住宅不足に緊急に対応するために、標準的な間取りの住宅を大量に供給することが最優先という時代で、1戸あたりの面積はすべて48.85平米であった。「入居者の多くは当時30〜40歳代で、子どもが成長していくうちに、もっと広い住居を望むようになってきました。しかし、経済的にすべての住人がライフステージにあわせて住み替えていく、いわゆる“住宅すごろく”のようにはいかないので、将来のことも考え、この場所に住み続けるための選択肢として建替えも含めた検討を始めました。」加藤さんは建替え検討のきっかけをこう語る。

20年間に渡る地道な活動

 こうして始まった建替えの検討だったが、住民たちの前に法律という大きな壁が立ちはだかる。「多摩ニュータウンは計画的に造られた街であるがゆえに、法規制が厳しく、建築条件を定める都市計画に関する法律を変えない限り、増築や建替えが実現できないという状況でした。当時はまだ多摩ニュータウンの建設も途上ということで、法律を変えてほしいと陳情しても、聞き入れてもらえない状況でした。」加藤さんたちはこうした状況を踏まえながらも、住民主体の街づくりを実現するために、規制緩和を訴え続ける地道な活動を続けた。ようやく転機が訪れたのは2006(平成18)年のこと。諏訪地区の地区計画が都市計画決定され、建替えに向けて大きく前進した瞬間だ。「諏訪2丁目住宅の建替えは20年かかったと言われますが、法律を変えるのに15年かかったんです。捉え方を変えれば、法律のハードルが高かったがゆえに、住民が時間をかけていろんなことを考えることができたとも言えます。」加藤さんはこう振り返る。
 マンションの建替えでは、一般的に、住民の「合意形成」がハードルとなることが多い。諏訪2丁目住宅のケースでは、検討を始めた当時、建替えの実現には所有者全員の合意が必要という厳しい法的な制約もあった。その後、2002(平成14)年に法改正により条件が緩和され、8割の合意で建替えられるようになったのだが、管理組合の姿勢はこうだった。「法的には8割で良いと言っても、諏訪2丁目住宅640世帯のうち120世帯が反対しても建替えできてしまうことになります。でも、これでは社会問題だと考えたので、限りなく100%に近いところまで合意を取ることを基本姿勢に、全住民が納得するまでとことん話し合いをしました。」加藤さんたちのこうした粘り強い取り組みにより、住民の意識も段々と高まり、最終的には99%以上の賛同を得たのだという。住民の総意としての建替えが決定し、街づくりの段階へと進んでいく。

住民のアイデアで街をつくる

 「建替えは当初からスクラップアンドビルドではなく、街づくりを目指しました。住民が主体的、自発的に参加してこの街をつくったという自負があります。」加藤さんは強調する。街のプランニングに際しては、「まちづくりデザイン会議」を立ち上げ、住民に加えて大学教授などの専門家や行政も参画し、景観や自然環境、周辺環境にも配慮した設計となるように綿密に検討した。こうした地域貢献・地域開放の姿勢は近隣住民の理解と期待にもつながっていった。共用施設についても住民の要望を随所に取り入れ、例えばパーティールームのキッチンでは、調理台の高さひとつを取っても、女性たちが相談して決めたという。「10年・20年先を見据え、住民のアイデアで快適に暮らせる街を設計しました。この街づくりが希望となり、元気になった住民もいるんですよ。」と加藤さん。人と人をつなぐコミュニティスペースをはじめ、自然と調和した環境を活かしながら配置された広場やドッグラン、農園、さらにカーシェアリング、レンタサイクルなど、誰もが快適に暮らし、楽しむことができる工夫が盛り込まれているようだ。

これまでもこれからも住民が主役のこの場所で

 「駅に近く、都心部へも電車で30分と利便性が高い上に、緑も豊富で住環境として素晴らしい。もちろんコミュニティも良好。ここは本当に素敵なところ。」と、この地域への愛着も建替え成功の大きな要因だという。諏訪2丁目住民のこの地域への愛着度が高いことを裏付ける事実がある。通常、マンションの建替えでは、建替え期間の仮住まいでの生活などを煩わしく感じ、他の地域に引っ越してしまう人も少なくないというが、諏訪2丁目住宅では、8割以上の住民が、建替え後のマンションに戻り住んでいるというから驚きである。また、住民同士の関係、コミュニティという点でもとても良好だといい、建替え後に新たに入居した600世帯の住民も含め、世代別の交流会や四季折々の行事が頻繁に繰り広げられる。住民によるサークル活動も30を数えるというから恐れ入る。「コミュニティで大事なのは誰でも参加できる仕組みです。それが達成感にもなり、良好な人と人の関係構築にもつながっていくんです。」加藤さんはにこやかに語る。平日の昼間にも関わらず、パーティールームには集まり談笑する人たち、敷地内の広場を駆け、斜面を活かしてそり遊びをする子どもたち、その傍らでやさしく見つめる親、そしてお年寄りたち。まさに住民が主役という言葉を表す、活気に満ち溢れた光景がこの場所には広がっている。
 Brillia多摩ニュータウンの「まちびらき宣言」の最後に特に象徴的な一文がある。“私たちは、願いや希望を実現するために努力することが人間の素晴らしさだということを学んできました。共に希望を共有し、このまちを育んでいきましょう。”
 加藤さんたち住民が主役のこの街の伝統は、これからも引き継がれていくことだろう。

加藤 輝雄さん

元 諏訪2丁目住宅マンション建替組合理事長


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

京王プラザホテル多摩

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン)

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more