vol.28

J Smile多摩八角堂

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
もともとは日本総合住生活株式会社のリフォームのショールームだったという「J Smile多摩八角堂」は平成11年に建てられた建物。外観はその名の通り八角形と特徴的でとても目立つ。昨年からここを拠点に地域コミュニティ活性化に向けた取り組みが始まっているのをご存知だろうか。

今回はその取り組みについて日本総合住生活株式会社・営業企画部の石津正彦さん、平井康裕さん、鋤柄さやかさん、首都大学東京・都市環境学部建築都市コース饗庭研究室リサーチアシスタントの山崎健太郎さん、国重安沙さんにお話を伺った。

首都大学東京の講義がきっかけで得られた体験

UR都市再生機構のグループ会社である日本総合住生活株式会社(以下:JS)は全国で展開するUR賃貸住宅をはじめとした、集合住宅の管理などを行う会社だ。分譲住宅は全国で約16万戸の取り扱いがあり、その中でも多摩ニュータウンは多くの比率を占めている。

豊ヶ丘南公園にほど近いJ Smile多摩八角堂(以下:JS八角堂)は近年まで、同社の多摩営業所や倉庫として使用されていたが、最近では遊休施設として使用されていなかった。事業開発課長の石津さんは、このJS八角堂を街の活性化に活用できないかと模索していたところ、同じ部署の担当者が首都大学東京(以下:首都大)の饗庭伸准教授とのつながりがあり、まずは首都大の講義でJS八角堂を利用することになったという。

具体的には、多摩ニュータウンの中を歩いて、その魅力を自分たちで見つけ出しデザインする「参加型デザイン実習」をJS八角堂やこの周りの公園を使って実施し、終わった後は携わった学生のバンド演奏やマジックショーなど、学園祭のようなイベントを行った。すると周辺住民の皆さんが多く立ち寄り、かなりの盛り上がりを見せた。

「もともとこの辺りは首都大の学生さんも多く住んでいました。この建物に学生さんが出入りしていると『何をやっているのかな?』と周りから自然に人が集まって喜んでいただけたという体験を得られたきっかけがこのイベントでした。」とJSの石津さんは当時を語った。そこで集まった方に、この建物がイベントなど、多目的な利用が出来ることをチラシで告知したところ、イベント参加者などから口コミで拡がり、多くの反響があった。

「街を活用する」取り組み「多摩ニュータウン南側プロジェクト」

一方で公民館のような集会所としての役割ではなく、地域を盛り上げる街づくりのために人が集まれる場を目指したいという思いがあったという。
「首都大の饗庭先生は『この地域はもっと良くなるのにオールドタウンと呼ばれてもったいない。』という思いがありました。その中で『街を活用する』という取り組みや、この街の魅力が向上するような拠点にしたいというビジョンが出てきました。」と語るのはJSの鋤柄さん。

昨年9月にはJS八角堂の1階に焼きたてパンを販売する「moi bakery」がオープンし、次第に人が集まり始めていたこの時期、首都大の饗庭研究室のスタッフと多摩市役所、京王電鉄、多摩信用金庫、ヤマト運輸、UR都市再生機構、JSといった地域に関わる自治体・企業が多摩ニュータウンの魅力を再発見して発信する「多摩ニュータウン南側プロジェクト」を立ち上げた。

このプロジェクトでは多摩ニュータウンの南側エリア(諏訪、永山、貝取、豊ヶ丘、落合、鶴牧それぞれの住区の南側)を「多摩ニュータウン南側」と名付け、参加団体がアイデアを出し合い、それぞれの取り組みの共有や、地域向上のための市民向けワークショップなどをJS八角堂を拠点に開催している。ワークショップで出された意見やアイデアは参加団体にフィードバックされ、次のまちづくりに活かされていく。

首都大の山崎さんは「私たちが木曜と金曜に常駐しています。地域の事で何か考えていることがあったらここに来て話すというような地域の相談所として少しずつ認知されているかと思います。この地域を活性化するためには、イベントだけやっていてもダメだし、JS八角堂だけ盛り上がればいいというわけではありません。多摩ニュータウンに今後訪れるであろう、空き家問題なども考えようと、アンケート調査を行なっています。そこから空き家の有効利用などで動いていきたいです。」と今後の展望について語った。

街の魅力を再発見して発信する拠点に

3月中旬には市民ワークショップで出されたアイデアを基に「八角堂マルシェ with たまら・び」が開催され、こちらも多くの方が訪れ賑わいをみせた。石津さんは「もともとポテンシャルが高い地域なので、半年間でここまで来たのは本当に周りにお住いの皆様のおかげ。もっと自然に人が集まって、JS八角堂が多くの方に認知されるようにしたい。」と語った。

鋤柄さんは「今後は運営体制を整えつつ、moi bakeryさんのように地元の方の起業や、自分たちで暮らしを良くする活動を一緒にやっていけるような方と組めたらいいなと思っています。近隣の方だけじゃなく、市外の方にも気軽に入っていただけて、使っていただけるような雰囲気をつくっていきたいです。」と今後の八角堂のあり方についても語ってくれた。

古くから日本では「八」という数字が”末広がり”として縁起のいい数字とされてきた。長い間、遊休施設として活用されていなかったJS八角堂は首都大の学生や周辺の住民が集うことで地域の新たなランドマークとしての第一歩を歩み始めた。
今後、多摩ニュータウンの新たな魅力を発信する拠点として、大きな拡がりを見せるだろう。

施設名
JSmile多摩八角堂
所在地
〒206-0031 東京都多摩市豊ヶ丘5-5
お問合わせ(首都大学東京 多摩ニュータウン南側実験室)
042-337-1386 (木・金のみ、10時〜16時)
メール
tamaminamigawa@gmail.com
お問合わせ(日本総合住生活株式会社)
03-3518-9162
メール
js10830@js-net.co.jp
URL(多摩ニュータウン南側プロジェクト)
https://tamaminamigawa.tumblr.com/
平井康裕さん・鋤柄さやかさん

日本総合住生活株式会社・営業企画部

山崎健太郎さん、国重安沙さん

首都大学東京・都市環境学部建築都市コース饗庭研究室リサーチアシスタント


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

聖蹟サンタマラソン

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン)

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more